【比較】銀行キャッシングと消費者金融はどちらがいいのか?それぞれの特徴を紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

銀行キャッシングと消費者金融の金利比較

キャッシングするときには、銀行キャッシングと消費者金融キャッシングがありますが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。

銀行キャッシングの場合はなんといっても金利が低いのが最大のメリットです。

条件にもよりますが、金利が2%~3%になることもあり、毎月の返済がとても楽になるケースが多いです。

一方で消費者金融の場合は最大でも金利は5%程度で、通常だと15%前後なので毎月の負担はかなりあります。

金利の面を考えると銀行の方が圧倒的なメリットがあります。

審査基準はどうなっているの?

しかし、銀行は金利が低い代わりに審査は厳しい傾向があります。

例えば、年収200万円以上でないと審査に通らないとか、勤続年数5年以上でないと無理などのルールがあります。

要するに、堅い相手にしか貸さないということです。

一方で消費者金融の場合は金利が高い反面、審査基準は比較的低いのが特徴です。

フリーターでも主婦でも利用できる金融機関なので、他社から断られた場合でも審査に通ることもあります。もちろん限度はありますが、ある程度の融通は利きますので、利用しやすいメリットがあります。

利用のしやすさはどうなの?

今や銀行も消費者金融もネットに対応しているので、申し込みから返済までネットで完結できるところがたくさんあります。

また、返済もコンビニATMを利用できたり、24時間いつでも返済できたりなど利便性は高いです。

利用のしやすさはあまり変わらないというのが実情です。

しかし、消費者金融の場合は無利息期間があったりして、短期間のキャッシングであればむしろ消費者金融の方が利用するメリットはあると言えます。

単純に金利だけで比較するのではなくて、どのくらいの期間を利用するのかによっても利用のしやすさは変わってきます。

銀行も消費者金融も安心して利用できる

昔と違って、今は消費者金融もとてもクリーンなイメージになりました。アイドルを宣伝に起用したりして、健全なイメージを与えようとしています。

また、対応オペレーターも女性だったりするので、とても安心して利用できます。

消費者金融と聞くとどうしてもネガティブなイメージがあることもありますが 、最近の消費者金融は銀行並に安心して利用できるので、銀行に断られたら消費者金融の方を利用してみるといいでしょう。

消費者金融の方が銀行よりもサービスが良い場合もあるので、あながち悪いものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*