【裏情報】銀行キャッシングの3つの審査内容!どんなことを調べられるのかを徹底暴露します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

銀行キャッシングには審査がある

銀行キャッシングするときには審査があります。

なので、誰でも申し込みすれば必ずキャッシングできるわけではないということは理解しておきましょう。

では、銀行キャッシングの場合はどのような審査があるのでしょうか。

審査の内容は、基本的には身分証や収入の確認になります。

収入であれば、収入証明書や源泉徴収票などで判断するのですが、キャッシングする額が少額の場合だとこの収入証明書の提出が不要な場合もあります。

この辺りは銀行によってバラバラなので、事前に確認しておくといいでしょう。

審査内容に欠かせない在籍確認

銀行キャッシングの審査では、在籍確認が必須となります。

在籍確認とは、あなたが本当にその勤め先に在籍しているかどうかを確認するためのものです。

電話で行われるのですが、単純にあなたがその職場にいるかどうかを確かめるだけなので、ローンのことやキャッシングのことなどは伏せてくれます。

個人名で電話をかけてくれますので、周りにバレることはありません。

また、銀行からの電話であれば、仮に知られたとしてもあなたの名誉が傷つくわけではないので、そこまで神経質になることはないでしょう。

過去の信用状態も審査される

信用状態というのは、あなたの返済歴ということです。

例えば、過去に返済を滞納していたことがあったのであれば、やはりキャッシングの利用は難しくなります。

銀行や消費者金融は返済歴などがわかるデータベースを共有しており、随時そこにアクセスできますので、他社で滞納していたことがあったとしても、その情報はどこの金融機関でも筒抜けになっているのです。

なので、普段から返済はしっかりと行い、決して滞納することのないようにするといいでしょう。

信用状態を良くしておけば、いざというときには困りません。

他社からの借入金が多いと審査に落ちやすい

また、いくら返済状況が良いとしても、やはりすでにたくさん借りている状態であれば、新規のキャッシングは困難な場合もあります。

銀行は総量規制の対象外になるのですが、それでも借り入れ件数が多いのは審査にはマイナスになります。

なので、キャッシングする前には、借り入れ件数を減らしてから申請するといいでしょう。

借り入れ金額よりも借り入れ件数の方を減らすことが大事なので、少額キャッシングがあるならそこを完済することが大事です。

審査のときにはプラスになるようにしておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*